ノルアドレナリンとドーパミン

今日、仕事の調べ物をしていて、おもしろいサイトを見つけました。

正確には、面白いというか、納得感が半端なかったですが、私が非常にうなずけたのは、以下の一文

ドーパミンとノルアドレナリンはストレスに強い関わりがあります。ストレスを受けると、ストレスに抗うためにノルアドレナリンが分泌されますが、同時にドーパミンも分泌されやすくなります。

ストレスを解消する手っ取り早い手段が、ドーパミンを分泌させて快感を得ることだからです。ストレスは食事をしたり、運動をしたり、たばこを吸ったりアルコールを飲んだりすることで、ドーパミンを分泌させて解消(麻痺)させることが出来ます。

そのため強いストレスを受け続けると、その解消手段として快感を得られる何か(人によって、環境によって対象は異なる)を体が欲しやすくなります。ドーパミンが暴走すると、やがてアルコール依存症やギャンブル依存症などの依存症へと繋がります。

(出典:三大神経伝達物質:セロトニンとドーパミンとノルアドレナリン|快適.Life

なるほどね。

ってことは、ブログ依存症にならないためには、そもそも仕事を溜めちゃダメってことか。

いま膨大に溜まっている有形無形の「やるべきこと」が全部解消されたら、ブログを書きたい気持ちも怒らないってことかね。

文章を書くのは元々好きなので、そりゃないって気もするけど、とりあえず、「やるべきこと」をさばかないと、ドーパミンが出続けるってわけだ。

★↓↓↓ご同類の方は投票で応援お願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ダイエットブログ 50代女性のダイエットへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です